妊婦さん

婦人科で行う顕微受精

状況に応じて変化させます

看護師

女性にとって子供を出産できないことは、複数の面において問題になります。例えば家長制度を重視する家庭では、子供が出産できないことは、問題になり易いです。あるいは老後の生活を支えるという面でも、子供が担う役割は大きなものがあります。さらに女性が子供を出産することは、人間の本能にも直結する問題です。このような女性の子供の出産ですが、妊娠しなければ出産することができません。しかし最近は結婚年齢が遅くなっているので、出産する年齢が高齢化する傾向があります。女性は30代後半ぐらいになると、妊娠し難くなることが、科学的にも証明されています。そこで需要が高まっているのが、婦人科で不妊治療を行うことです。婦人科で行う不妊治療は、個々の状況に応じて内容を変化させるので、安心して受けられます。

成功率の高い方法

そうした婦人科で行う不妊治療のなかでも、実施されることが多くなっているのが顕微受精です。顕微受精というのは、体外受精の一つに含まれます。体外受精を行う際には、まず女性から卵子が形成されるときを見計らって、卵子を取り出します。それと同時にパートナーとなる男性から精子を採取して、卵子に加えて受精させるのです。受精させた卵子は、一定期間培養液の中で細胞分裂させます。これをもう一度女性の子宮に戻して、着床するのを待つという流れです。こうした体外受精は、不妊治療のなかでも成功率が高い方法ではあります。しかし顕微受精にすると、より成功率が高まるのです。したがって成功率の高い不妊治療を希望するときは、顕微受精を選択することが多いのです。