妊婦さん

妊娠したいと思ったら

定義と検査

先生

我が国では、一年間夫婦生活を営んでも妊娠に至らない場合を不妊症と定義しています。一年間というのは目安にはなりますが、実際は夫婦の年齢が高ければそれ以降も妊娠する可能性が低くなります。そこで、一年未満でもより早期に検査と治療を開始したほうがよいという考えが浸透してきています。不妊治療を始めると、まずは検査を受けます。これは女性だけではなく、男性も受けるべきものです。女性側が原因で不妊に至っていると考えられがちですが、実際は女性側と男性側どちらにも原因がある場合もあります。あるいは、男性側に原因がある場合もあります。どちらにも原因がないという場合もあるのが、不妊治療の難しいところでもありますが、検査をして排卵がうまくいってないなどの原因がわかれば、それについての治療をすることができます。

ステップアップ法

原因がない場合に始める不妊治療は、タイミング法です。これは排卵のタイミングを病院ではかって、排卵に合わせて夫婦生活をもつというものです。男性の身体的負担はなく、女性への身体的負担も検査だけです。排卵促進剤を用いる場合もあります。不妊治療ではステップアップ法をとることが一般的です。タイミング法の次は人口受精です。これは男性が精子を自己採取したものを、女性の子宮に医師がいれるというものです。高額ではないというのと女性への身体的負担も軽いのが特徴です。人工授精で妊娠に至らない場合には、体外受精へとステップアップします。男性が精子を自己採取するのは人口受精と同様です。女性の卵子は医師が採取します。そして精子と卵子を受精させたものを医師が子宮に戻します。女性は卵子を複数育てるために注射を打ったり服薬したり、卵子採取の際には痛みをともなうため全身麻酔を用います。そのため、体外受精では女性の身体的負担が重くなります。それでも妊娠に至りたいということで、体外受精を受ける夫婦は年々増えています。