妊婦さん

妊娠したいと思ったら

先生

不妊治療は夫婦二人で検査を受けることが望ましいとされており、これにより不妊の原因を突き止めることができます。不妊治療には段階があり、まずは簡単な治療から始まり、妊娠に至るまでサポートしてくれます。

詳細を確認する...

治療費の助成と対象

赤ちゃん

社会で活躍する女性が増えることは、大変喜ばしいことです。しかしそれに伴って、30代を超えてから子どもを妊娠、出産する方が多くなりました。女性の体は30代を超えたあたりから、段々と妊娠する確率が低くなってしまいます。そこで今では、妊娠しない状態を直す不妊治療を助成する自治体などが増えてきました。

詳細を確認する...

婦人科で行う顕微受精

看護師

妊娠が難しくなった助成を助けるために、多くの婦人科では不妊治療を行っています。妊娠は通常女性の体内によって行われるものですが、現在では体外受精によって子どもを授かることが可能です。

詳細を確認する...

生活習慣の改善は大切です

基本となる治療法

女性

女性の結婚適齢期は、20歳代と言われています。しかし20歳代を過ぎるようになると、ホルモンバランスが変化して、妊娠し難く変化し始めます。これに対して現在は、平均の出産の年齢が30歳代になってきているのです。すなわち現在の女性は、妊娠し難い時期になってから、妊娠することが増加しているのです。そこで最近の女性は、不妊治療を受けることが増加するようになりました。不妊治療にはいくつかの段階がありまして、それぞれに適したものを受けることが必要です。いちばん基本になるのが、カウンセリング指導を受けて、生活習慣を改善することです。したがって不妊治療を受ける際には、まず生活習慣の改善から始めることが大切です。

妊娠率が高い体外受精

ただし不妊治療の場合には、生活習慣の改善だけでは、成果が上がらないことも珍しくありません。そうした際には治療のレベルを上げて、実施することが必要です。なかでも体外受精は妊娠率が高いので、増加している不妊治療の方法です。体外受精というのは、まず女性の卵子を取り出すことから始めます。もちろんそれだけでは受精できないので、同時に男性からも精子を取り出すのです。取り出した卵子と精子を同じところに置くと、精子が卵子に向かって泳ぎだします。こうして卵子が受精すると、卵子をもう一度女性の体内に戻すのです。いっぽうで体外受精を行っても、上手く受精しないことや、着床しないことがあります。その要因に一つが、先述の女性の身体の調子です。したがって体外受精を選択しても、生活習慣の改善は大切になります。